カメラマン仲間から、メッセージが来ました。

貴重な情報が少しでも多くの方のお役に立てるように、ブログアップします。



--------------------------------------
『被災時に必要な知識』
--------------------------------------
特に知っておいてほしいこと

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで下さい。

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。


阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒールを履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。
火傷したら広がるので、ストッキングを履いてる女性はできるだけ脱いでください。 
あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

安否確認はダイアル171!
救急ダイアルが混乱する為、できるだけ安否確認で電話は使わないでください。

【あったらいいもの】
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ

【屋内の場合】
●家の中
・テーブルの下にもぐる
・火の始末はすみやかに。
●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。

●避難する場合
自宅のブレーカーは落とす。
2次災害(火災)を防ぐため。

以上必ず守って下さい。
阪神淡路大震災の教訓を活かしましょう
-------------------------------------------

災害はいつ訪れるか分かりません。
今はまだ一人で歩けないくらい幼い大切な子供もいます。
何かが起こったとき、果たしてこの子をきちんと守れるのか。
テレビの映像を見ながらそんな事を考えると、怖くて夜も眠れません。
同じ年頃の赤ちゃんが、おむつもミルクもなく苦しんでいるんだと思うと、胸がつぶれそうです。

どうか皆さんが一日も早く安心できる暮らしに戻れますように。
離れ離れになった家族が再び再会できますように。