アメイリスのHappy Diary

感動を伝える写真、幸せな写真をたくさん撮ろう♥

写真は“歴史”“想い”を綴ります。
今にも動き出しそうな写真。笑い声が聞こえてきそうな写真。
見るだけでその時の気持ちがよみがえるような写真。
“楽しいこと”や“嬉しいこと”、素敵な思い出全部残したい!
日々の幸せをアルバムにして眺めているといつも必ず笑顔になります♪
家族3人のアットホームな会社ですが、笑顔で溢れた写真をたくさん撮っています♪
そんな私たちの日常を、ゆっくりマイペースですが更新していきます。

●アメイリスフォト●

5/16 奈良 和装前撮りロケフォト

今日は奈良で結婚式の和装前撮りを行いました。
新郎新婦様と、新郎様と新婦様のお母様が一緒にお越しくださりました。
とてもおちゃめで可愛らしい新婦様で、お母様同士もとても仲が良く、和気藹々と楽しく撮影させていただきました。

奈良 前撮り1


由緒正しい庭園を利用して撮影を行いました。
外国人観光客がとても多い庭園で、写真をリクエストされることも多々。
本当のモデルさんのような美男美女カップルに、観光の方もうっとりされてました(^∇^)

奈良 前撮り2

挙式は11月だそうですので、ゆっくりと準備期間をお楽しみくださいね♪

●アメイリスフォト●

4/3 姫路で桜の前撮りロケーションフォト

本日は姫路で桜の前撮りロケーションフォトがありました。

今年は桜の開花が例年より遅く、当初予定の撮影地もまだ咲いていないようでしたので急遽ロケ地を変更。

でも変更した公園の一角に奇跡的に咲いている桜があり、希望されていた春らしい写真が撮れました。
 

姫路前撮り1

新郎新婦様が、『賑やかな方がいい』とおっしゃってくださったので、今日は娘も同行です。

最近上手に歩けるようになって超ご機嫌の娘。


姫路前撮り2
撮影の間中、葉っぱのお店屋開きをしたりハトを追いかけたり、とても忙しそうでした(笑)。
姫路前撮り3

シャボン玉の演出中は新郎様も演出係で大忙し(笑)。
無邪気にシャボン玉と戯れる新婦様の笑顔はやっぱり素敵です。
姫路前撮り4


姫路前撮り5



肌寒い強風の中、飛んだり跳ねたり、とても楽しく撮影に挑んでくださってありがとうございました(^∇^)


今月末の挙式のプロフィールビデオに写真を使ってくださるそうで、お急ぎ仕上げ分を現地で選んでいただきましたが、写真を見てとても喜んでくださいました。


挙式当日が楽しみですね♪



●結婚式写真のアメイリスフォト●

被災時に必要な知識

カメラマン仲間から、メッセージが来ました。

貴重な情報が少しでも多くの方のお役に立てるように、ブログアップします。



--------------------------------------
『被災時に必要な知識』
--------------------------------------
特に知っておいてほしいこと

・これから夜になるとき。
阪神大震災で最後に最大に悲惨に襲った災害は、「治安悪化」による「人災」です。
大切な人を守ってください。
一人でいる人は、最寄りの知り合いと小さくても良いのでコミュニティを作りましょう。

・避難した女性の方。
絶対に一人で公衆トイレに行かないで。
便乗する性犯罪者がいます。
常に誰かと行動して、トイレも二人以上でいくようにしてください。

・赤ちゃんがいる方。
赤ちゃんの頭にタオルでも何でもいいので、クッションになるようなものを置いてください。
阪神大震災で、テレビが飛んできて死亡した乳児がいました。
彼の死を無駄にしないで下さい。

地震が起こったら、必ず窓を開けてください。
そして、家にいる人は、今、お風呂に水をためてください。
まだ、電気が通じる人は、ご飯を炊いてください。


阪神淡路大震災の経験から、皆さんに伝えます。

X字の亀裂が入っているとこはすぐに崩壊するから注意!
携帯と充電器、ラジオ、ペットボトル水必要!
ヒールを履いてる人は折る!
食料は最低3日間は自立しなきゃいけない。
トイレは基本ないからビニール袋を。
火事などの2次災害に注意!

パニックになったら周りもパニックになるからしゃがんで「落ち着いて!」と叫ぶ。
火傷したら広がるので、ストッキングを履いてる女性はできるだけ脱いでください。 
あとナプキンがいい止血帯になるから覚えておいてください。

安否確認はダイアル171!
救急ダイアルが混乱する為、できるだけ安否確認で電話は使わないでください。

【あったらいいもの】
お金 水 ペンライト お菓子 携帯 応急セット ハンカチ ティッシュ

【屋内の場合】
●家の中
・テーブルの下にもぐる
・火の始末はすみやかに。
●デパート・スーパー
・バッグなどで頭を保護。
・ショーウインドウや売り場から離れ、壁際に。
・係員の指示に従う。
●ビル・オフィス
・机や作業台の下にもぐる。
・ロッカーなど大型備品の転倒、OA機器の落下に注意。
●集合住宅
・ドアや窓を開けて、避難口を確保。
・エレベーターは絶対使用しない。避難は階段で。
屋外の場合
●路上
・かばんなどで頭を保護し、空き地や公園などに避難。
・ガラスや看板などの落下に注意。
・建物、ブロック塀、自動販売機などには近寄らない。
●車を運転中
・ハンドルをしっかり握り徐々にスピードを落す。

●避難する場合
自宅のブレーカーは落とす。
2次災害(火災)を防ぐため。

以上必ず守って下さい。
阪神淡路大震災の教訓を活かしましょう
-------------------------------------------

災害はいつ訪れるか分かりません。
今はまだ一人で歩けないくらい幼い大切な子供もいます。
何かが起こったとき、果たしてこの子をきちんと守れるのか。
テレビの映像を見ながらそんな事を考えると、怖くて夜も眠れません。
同じ年頃の赤ちゃんが、おむつもミルクもなく苦しんでいるんだと思うと、胸がつぶれそうです。

どうか皆さんが一日も早く安心できる暮らしに戻れますように。
離れ離れになった家族が再び再会できますように。

プロフィール

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ